全記事から見る記事を選ぶ >>

あのこは貴族|映画のあらすじと文庫本との違いは?出演キャスト陣とロケ地がどこかも調査!

記事タイトルとURLをコピー

地方で生きる女性のリアルを描いた作品で知られる人気作家・山内マリコさんの長編小説「あのこは貴族」がついに映画化!

映画「あのこは貴族」は、門脇麦さんと水原希子さんが共演することで注目されている作品です。

2015年に映画「グッド・ストライプス」で新藤兼人賞金賞に輝いた岨手由貴子監督がメガホンを取ります。

 

今回は、そんな映画「あのこは貴族」のあらすじ・見どころ等などについて色々とご紹介していきたいと思います

この記事でわかること

  • 映画「あのこは貴族」の作品情報
  • 映画「あのこは貴族」のあらすじや見どころ
  • 映画「あのこは貴族」のネタバレやキャスト情報
  • 映画「あのこは貴族」原作との違いについて
  • 映画「あのこは貴族」のロケ地

映画「あのこは貴族」の作品情報

映画「あのこは貴族」は、作家・山内マリコさんの同名長編小説が原作の物語。

地方に生きる女性のリアリティを描き続けた山内さんが、東京の異なる「階級」を生きる女性の葛藤と解放を描く作品です。

作品情報

作品名 あのこは貴族
公開 2021年2月26日
上映時間 124分
配給会社 東京テアトル バンダイナムコアーツ
監督 岨手由貴子
脚本 岨手由貴子
音楽 渡邊琢磨
主題歌 未定
出演キャスト 門脇麦
水原希子
高良健吾
石橋静河
山下リオ
佐戸井けん太
篠原ゆき子
石橋けい
山中崇
高橋ひとみ
津嘉山正種
銀粉蝶

映画「あのこは貴族」出演キャスト

榛原華子:門脇麦

門脇麦さんが演じているのが、榛原華子役です。

都会の開業医の家庭の娘。

何不自由ない人生を送ってきたが、20代後半で結婚に焦る。

門脇麦さんは、1992年東京都出身の女優でドラマ「美咲ナンバーワン!!」でデビュー後、ドラマ「まれ」などに出演しています。

時岡美紀:水原希子

この投稿をInstagramで見る

Kiko Mizuhara 水原希子(@i_am_kikoxo)がシェアした投稿

水原希子さんが演じているのが、時岡美紀役です。

親の反対を押し切って地方から大学進学のために上京。

親からの援助はなく、自力で都会を生き抜く。

水原希子さんは、1990年アメリカ出身のモデル・女優で映画「ノルウェイの森」で女優デビュー後、実写映画「進撃の巨人」などに出演しています。

映画「あのこは貴族」の見どころや動画

映画「あのこは貴族」の見どころ

映画「あのこは貴族」は、階級の違う2人の女性への共感が見どころです。

映画は、東京の異なる階級に生きる女性たちの葛藤を描いた物語です。

物語の主人公は、都会生まれの箱入り娘・華子と地方生まれで水商売も経験した・美紀の2人。

2人は育った環境も違えば境遇も全く異なります。

 

そんな「生まれながらの差」がある2人の話ですが、見る側がどちらにも強く共感してしまう内容になっているのです。

出会うはずもなかった2人はなぜ出会うことになるのか?注目してご覧ください!

映画「あのこは貴族」の予告動画

映画「あのこは貴族」の予告動画は、残念ながらまだ公開されていませんでした。

映画公開まで少し期間があり、発表されていない情報も多いため、予告動画が公開されるのをお待ちください!

映画「あのこは貴族」の主題歌情報

映画「あのこは貴族」の主題歌は、2020年8月時点で発表されていません。

山内マリコさん原作は過去に2作品が映画化されており、過去2作品ともロックバンドが主題歌を担当しています。

 

例えば、この動画は2018年に公開された映画「ここは退屈迎えに来て」の主題歌はフジファブリックの「Water Lily Flower」でした。

 

そんな経緯もあるため、もしかしたら今回も主題歌を担当するのはロックバンドといった可能性もありそうですよね!

映画「あのこは貴族」の新しい情報解禁に乞うご期待です。

分かり次第、随時追記していきますね!

映画「あのこは貴族」のあらすじ

都会で箱入り娘として何不自由なく育てられ、結婚が幸せと信じている華子。

そんな華子は、結婚を考えていた恋人に振られ、人生で初めて岐路に立たされる。
20代後半になり、女子校の同級生たちの結婚や出産話を聞くたびに焦りが増すばかり。

あらゆる手段で結婚相手探しに奔走した結果、ハンサムで家柄も良い弁護士・青木幸一郎と出会う。

幸一郎との結婚が決まり、幸せを手に入れたように思えたのだが…。

 

一方、富山から上京して東京で働く美紀。

猛勉強をして慶應大学に合格し上京したが、学費のために夜の世界も経験し中退する。

恋人もおらず、仕事にやりがいを感じることもなく、都会にしがみつく意味を見いだせずにいた。

 

都会で暮らし出会うはずがなかった 2人の人生が静かに交錯しはじめる。

その時、2人に思いもよらない世界が拓けていくことに…。

映画「あのこは貴族」の原作版との違い

映画「あのこは貴族」の原作は、山内マリコさんの同名長編小説です。

 

2015年に「小説すばる」で連載された後、2016年に集英社文庫から刊行された小説。

東京の上流階級を舞台に、結婚を巡るアラサー女子2人の葛藤と成長が描かれた作品になっています。

映画「あのこは貴族」のロケ地

映画「あのこは貴族」は、静岡県や神奈川県で撮影されたようです。

エキストラ募集情報から、神奈川県秦野市静岡県御殿場市で2019年に撮影が実施されたことが判明しています。

秦野市は出雲記念館や白笹稲荷神社、御殿場市は加藤学園御殿場キャンパスで撮影が行われました。

映画「あのこは貴族」の口コミ・評価レビュー

映画「あのこは貴族」のまとめ

映画「あのこは貴族」のあらすじやキャスト情報などをご紹介していきました。

人気作家の長編小説が原作の本作は、都会の異なる階級で生きる女性の物語です。

実写で都会生まれの箱入り娘と田舎生まれの雑草女子がどのように描かれるのか注目していきましょう!

2021年公開の映画「あのこは貴族」をぜひ、劇場でご覧ください!

error: Content is protected !!